院長上林昭子のブログ

先日Mさまが定期検診においでになり、また素敵な新作を「しらゆり」に持って来て下さいました。

「きぁ〜、可愛い」
スタッフが騒ぐので他の患者さま、驚かれたもしれません。
それにしても、本当になんて手先の器用なMさま。可愛いらしいお人形、ありがとうございました。


大切に飾らせて頂きます。

私は、患者さまやスタッフに支えられ、今日も元気に働かせていただいています。

時間はサラサラと砂時計の砂のように刻一刻過ぎてゆきます。1週間1ヶ月なんてあっと言う間です。

毎日やりたい事がいっぱいあって、応援してくれるすべての方に、精一杯応えたい。
だけどこれから先、いったい私はあとどれくらいの患者さまに出会い、その方のための治療を提供できるのでしょうか。
ようやく自分のお役目のようなものがわかってきたというのに、加齢による身体の変化や衰えが否めないのは残念なことです。

そうそう、お盆前に、私、初めて腰を痛めてしまいました。階段の昇り降り、しゃがむ姿勢にもじっくり時間をかけないと動けない。なんてもどかしいのでしょう。
今、こうして忙しくても元気いっぱい働ける幸せが、本当に身に沁みています。

先日、実家の診療所での勤務の日、叔父夫婦が来てくれました。

帰り際、ご祝儀袋を手渡してくれました。

叔父は病院での仕事を今年いよいよ勇退するそうで、少し震えた丁寧な字で「開院祝い」と書いてありました。

叔母の「人の3倍、本当によく働いてくれました。」という叔父への労いの言葉に思わず目頭が熱くなるのでした。

貴重な叔父のお給料から頂くのだから、私も疲れたなんて我儘言ってる場合じゃないです。

大切に使わせて頂きます。

沢山の感謝に支えられ、今日も頑張らなくては!